あぜくらの取り組み

グループホーム建設について

障がいのある人たちが親を亡くしても住みなれた大好きな街で自分らしく暮らせるように グループホーム建設に力をかしてください

障がいのある人たちが地域で暮らすための場は、あまりにも少ないのが現状です。
「私が元気なうちに、この子の将来を何とかしたい」という親の不安は募るばかり。
私たちの身近にも、家族が懸命に障がいがあるお子さんを支える姿が増えています。

こうした方々を支えるため、あぜくら福祉会ではグループホーム建設を計画しています。10年で5棟のホームを作り約40人の暮らしを支えるために、約3億5千万円の資金がかかり、自己資金として1億9千万円が必要です。

500円でも、5000円でも、50万円でも・・・。お給料やボーナス額の端数、大切に貯めた貯金箱、金額はいくらでも結構ですので、どうぞ私たちに力をかしてください。
一人でも多くの方にご協力をいただけますよう、心からお願い申し上げます。

グループホームって?

昼間は作業所で働く人たちが、食事や入浴の介助といった
暮らしのサポートを受けながら共同生活する場。

親の願い・・・

子どもに障がいがあると分かってから、できるだけ長生きして子どもの面倒を見てやらなければいけない、と思い生きてきました。

しかし、どんなに頑張っても、子どもより親が先に死んでしまうことは避けて通れません。親が病気になったり、亡くなった後、突然人に自分の子どもを託したとしても、障がいのある子どもはそのことを理解できず、毎日親が迎えに来てくれると信じて待ってしまいます。

そんな悲しいことにならないように、親が動ける間に、新しい環境を用意しておいてやりたいのです。

事業計画

予算概要

総事業費(予定)
3億5千万(土地取得費用、建築費)
2010年8月 1棟目
ホームきらめき(女性8名利用)
2011年10月 2棟目
ホームはばたき・ショートステイ アトム
(男性8名利用+ショートステイ4名)

グループホーム建設地周辺地図

募金のご協力はこちらまで

お声がけいただけましたら趣旨の説明にもお伺いします。

郵便振込口座
00970-3-216648
口座名義人
ケアホーム建設委員会
住所
尼崎市若王寺3-30-12(社会福祉法人あぜくら福祉会内)
代表
川口 節子
TEL
06-6497-1630
FAX
06-6497-3630
あぜくらの取り組み
手作り製品
グループホーム建設について

PAGE TOP