あぜくらについて

あぜくらの由来

「あぜくら(校倉)」とは、よく知られている正倉院の「校倉造り」に由来しています。「校倉造り」は日本の古い建築様式で、三角の材木を横に組重ねて造られます。

私たちの施設作りも、「障害者」「家族」「スタッフ」が三つの頂点(三角形の)に位置しながら、三角形の横木を組むように、腕を組み重ね、がっしり力強い運動を造りあげ、私たちの宝物(夢と情熱)を育てていこうと考えています。

「あぜくら」の横木(仲間)がいっぱいになることを願って。

あぜくらのあゆみ

1982年 4月 「どんなに障害が重たい人たちも、いきいき生活し、働き、学びあえる場を」 「親なきあとも安心して託せる施設を」などの願いをもって、阪神間の父母、施設、学校職員、ボランティア等の有志が集まり、準備会を経て「施設づくりをすすめるあぜくら会」として発足。資金づくりを始める。
1986年 4月 伊丹市昆陽に、小規模作業所「あぜくら作業所」を開設。 会の名称を「あぜくら福祉会」に改称。
1991年 10月 生活ホーム「あぜくらなかまの家」を尼崎市塚口町に開設。
1992年 7月 小規模作業所「ひまわり作業所」を尼崎市武庫之荘に開設。
1994年 4月 社会福祉法人格を取得。7月、尼崎あぜくら作業所を開設。
1996年 4月 小規模作業所「あぜくら夢工房」「ひまわり夢工房」を開設。
1997年 12月 上記施設を尼崎あぜくら作業所分場に移行。
2000年 4月 あぜくらなかまの家及びあぜくら第1ホームの運営をホーム運営委員会から社会福祉法人あぜくら福祉会に移行。
2001年 4月 上坂部なかまの家、上坂部第1ホーム、上坂部第2ホームを尼崎市に開設。
2003年 10月 知的障害者居宅介護事業所「あぜくら生活支援センター」を開設。
2004年 4月 「あぜくらなかまの家」「上坂部なかまの家」を生活ホームから共同生活援助事業(グループホーム)へ移行。訓練ホーム「東園田ホーム」を開設。
2005年 4月 小規模作業所ゆうゆうくらぶを開設。
2006年 4月 小規模作業所第2ゆうゆうくらぶを開設。
2006年 10月 障害者自立支援法の施行に伴い「あぜくらなかまの家」「上坂部なかまの家」を共同生活介護及び共同生活援助一体型として指定を受ける。又、居宅介護事業所としてあぜくら生活支援センターも指定を受ける。
2007年 3月 上坂部第2ホームを閉所。
2008年 3月 第2ゆうゆうくらぶ閉所。
2008年 9月 上坂部第1ホーム・東園田ホームを閉所。
2009年 3月 ゆうゆうくらぶ閉所。
2010年 4月 通所授産施設から生活介護・就労継続支援B型へ移行。
2010年 7月 尼崎あぜくら作業所分場施設を独立し指定を受ける。
2010年 8月 あぜくらなかまの家が若王寺1丁目に移転
2011年 9月 共同生活介護事業「ホームはばたき」、短期入所事業「ショートステイアトム」を若王寺1丁目に開設。
「あぜくらなかまの家」の名称を「ホームきらめき」に改称。
2015年 4月 「あぜくら相談支援事業所わごん」開設。
2015年 9月 「ひまわり作業所」及び「ホームときめき」「ショートステイブーケ」を尼崎市に開設。
あぜくらについて
由来・あゆみ
コンセプト
理念

PAGE TOP